ようこそ!格安ノートパソコンのバッテリーのオンラインショッピング、高容量のノートパソコンのバッテリー、ACアダプター!
ホーム > Asus 新品バッテリー> ASUS A32-1025 互換用バッテリー


真新しいASUS バッテリー、ASUS A32-1025 ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!すべてのASUS A32-1025 対応充電池は、厳格な品質保証に合格しています。買うために安心してください、ありがとうございました!  

300

ASUS A32-1025 互換用バッテリー

  • 容量::
  • 重 量 :327 g
  • 電 圧 :10.8 v
  • カラー:white
  • サイズ:202.01 x 48.81 x 20.43 mm

対応電源 Asus ACアダプター|PC電源

  • 重 量 :331 g
  • 電 圧 :19 v
  • カラー:Black
  • サイズ:116 x 53 x 30mm
  • 価 格 : 303,978円
それを高価なアイテムとコーディネートし、そのギャップを楽しむです。
=
コーディネート価:
11,000円
311,351円
対応ラップトップモデル:

ASUS Eee PC 1025 , ASUS Eee PC 1025C , ASUS Eee PC 1025CE

充電池互換電池 コード:

Asus A31-1025 , Asus A32-1025

安心の2年間保障付。2年間以内充電、放電できない場合、無料互換可能


ASUS A32-1025 バッテリーを長持ちさせる方法: 

バッテリーを長持ちさせるためには、バッテリーを使い切らないうちに、こまめに充電すると良い。これは皆さんもご存じかと思います。もうひとつ、時々バッテリーをキャリブレーションすることも大切です。キャリブレーションしないと、バッテリー残量が正確に表示されなくなってしまうからです。

半分残っていたはずのバッテリーが、あっという間にほぼ空になってしまった経験はありませんか? あるいは、充電器につないで、100%になったところで外したはずなのに、実は95%しか充電できていなかった、なんてことは? そんな経験がある方は、お使いの携帯電話やノートパソコンのバッテリーの残量が、正しく表示されていない可能性があります。これはつまり、きちんとキャリブレーションされていないということです。

バッテリーにどれだけ気を使っていても、通常の使用や経年劣化、熱などの避けがたい要因により、バッテリー容量は減っていきます。時々バッテリーを残量100%から0%まで使わないと、残量表示が不正確になります。メーカーは通常、2~3カ月ごとのキャリブレーションを推奨しています。これにより、ASUS バッテリーの残量表示を正確に保つことができます。

実際には、ノートパソコンの A32-1025交換用充電池残量表示の精度をあまり気にしないのであれば、それほど頻繁にキャリブレーションする必要はないかもしれません。ですが、定期的にキャリブレーションしておかないと、そのうちノートパソコンの使用中に、なんの前触れもなく電源が落ちる可能性があります。もしそうなった場合は、まちがいなくA32-1025 バッテリーをキャリブレーションするべき時が来ています。

おすすめしたいのは、定期的なパソコンのクリーニングの際に、一緒にキャリブレーションもしてしまうことです。たとえば、「毎年春になったら」とか、半年に1度くらいで良いでしょう。高熱や凍結温度にさらさないでください。夏にはあなたの車の中でお使いの バッテリーを放置しないでください。非常に迅速にホット電池の放電、寒さのものが多くの電力として作成することはできません。

電源コンセントまたはサージプロテクタに直接UPSにあなたのラップトップ充電アダプタとしないようにプラグインしていることを確認します。


AC電源での駆動時はASUS A32-1025対応PC電源を外す?

ノートパソコンをAC電源で利用することが圧倒的に多いなら、バッテリーは本体から外しておいたほうが良さそうです。

 ASUS A32-1025バッテリーの寿命は、通算の利用時間ではなく、充放電の回数で決まります。ノートに装着したままにしておけば、電源を切り、AC電源を外しても常にフル充電の状態が保たれそうにも思えますがそうでありません。ノートパソコン用のバッテリーは、バッテリーパックに制御用の回路が組み込まれていて、パソコンの電源を切っているときも電力を消費しています。AC電源をつなぐと充電が始まるので、電源のオン・オフをするたびに充放電を繰り返すことになるのです。

 またパソコンの熱もバッテリーの寿命を縮めます。普段はAC電源で駆動しているなら、ASUS バッテリーパックは外しておいたほうが良いでしょう。

 バッテリーパックは、保管するときにも注意が必要です。現在、ノートパソコンに多く使われているリチウムイオン電池は、長時間利用しないでいると、二度と充電ができなくなる「過放電」しやすい傾向にあります。過放電を防ぐには、半分程度充電した状態で涼しくて湿度の低い所に保管し、半年に一度くらいは忘れずにやはり半分程度まで充電するようにしましょう。

 また、一般的にA32-1025 バッテリーは、フル充電した際の駆動時間が従来の半分になると寿命とされます。寿命までの充放電の回数は、300回から500回程度が目安です。ソニーなど、この充放電回数が分かるユーティリティを用意しているメーカーもあります。