ようこそ!格安ノートパソコンのバッテリーのオンラインショッピング、高容量のノートパソコンのバッテリー、ACアダプター!
ホーム > Dell バッテリー> Dell 3DJH3 互换バッテリー/3DJH3 ACアダプタ


低価格、高品質パソコンDell 3DJH3 バッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!弊社は豊富に製品をストックしています。ご安心購入してください。


300

Dell 3DJH3 互换バッテリー/3DJH3 ACアダプタ

  • 容量::
  • 重 量 :454 g
  • 電 圧 :11.1 v
  • カラー:Black
  • サイズ:

Dell対応電源 製ノート用ACアダプター

  • 重 量 :460 g
  • 電 圧 :19 v
  • カラー:Black
  • サイズ:150 x 57 x 34 mm
  • 価 格 : 3,569円
それを高価なアイテムとコーディネートし、そのギャップを楽しむです。
対応ラップトップモデル:

DELL Precision M3800

充電池互換電池 コード:

Dell 0TN1K3, Dell 1C753, Dell 312-1173,Dell 312-117e, Dell 312-135b, Dell 3DJH3, Dell 97KRe3, Dell 9Gde3

安心の2年間保障付。2年間以内充電、放電できない場合、無料互換可能

Dell 3DJH3バッテリーパソコン節電対策 

パソコンを使用しない時は、コンセントから電源ケーブルも抜く 

パソコンを長時間使用しない時は、電源を切ります(休止状態またはスリープ/スタンバイ状態にすることも含む)。その場合でも、微弱ですが、いわゆる、待ち受け電流が流れています。

これを防ぐために、電源を切ったときは、コンセントからも AC 電源ケーブルを抜くようにしましょう。

パソコンをつないでいない AC アダプタ単体でも電力を消費します。パソコンがつながっていない場合でも AC アダプタもコンセントから抜くようにこころがけましょう。

Dell 3DJH3対応充電池充電が100%になったら、AC 電源ケーブルを抜き、バッテリー電源を使用する

ノート型パソコンの場合、バッテリー電源と AC 電源を交互に使用しましょう。

バッテリーレベル警告 

3DJH3 バッテリー容量が(初期設定値の)10%に下がると警告メッセージがでます(右図)。その時点で、AC 電源ケーブルを接続することで充分間に合うはずです。

バッテリーは充電 → 放電を繰り返すことで、長持ちすると言われています。AC 電源ケーブルを繋ぎっぱなしにしておくことで、電力の節電がなされない上に、折角の3DJH3 バッテリーの寿命が下がるということになってしまいます。

電力消費が多くなる昼過ぎや夕方はバッテリーを使うことを心がけましょう。

画面の明るさ(輝度、ブライトネス)を下げる 

通常デスクトップパソコンでは、画面周辺に明るさを変更できるボタンがあります。ノートパソコンではキーボードの 「Fn」 キーを押しながら、太陽のような形をしたアイコンのキーを押して調整するのが一般的です。

ウィンドウズの電力設定を 「省電力」 に変更する 

コントロールパネルから呼び出す 「電源オプション」 で電源プランを変更します。

電源プランとは、コンピューターによる電力の使用を管理するための、ハードウェア設定とシステム設定を集めたものです。電源プランを使用すると、コンピューターの消費電力の低減、パフォーマンスの最大化、またはそれらのバランス調整を行うことができます。

AC電源での駆動時はバッテリーを外す?

ノートパソコンをAC電源で利用することが圧倒的に多いなら、Dell 3DJH3交換用充電池は本体から外しておいたほうが良さそうです。

3DJH3 バッテリーの寿命は、通算の利用時間ではなく、充放電の回数で決まります。ノートに装着したままにしておけば、電源を切り、AC電源を外しても常にフル充電の状態が保たれそうにも思えますがそうでありません。ノートパソコン用のDell バッテリーは、バッテリーパックに制御用の回路が組み込まれていて、パソコンの電源を切っているときも電力を消費しています。AC電源をつなぐと充電が始まるので、電源のオン・オフをするたびに充放電を繰り返すことになるのです。

またパソコンの熱もバッテリーの寿命を縮めます。普段はAC電源で駆動しているなら、バッテリーパックは外しておいたほうが良いでしょう。

Dell 3DJH3バッテリーパックは、保管するときにも注意が必要です。現在、ノートパソコンに多く使われているリチウムイオン電池は、長時間利用しないでいると、二度と充電ができなくなる「過放電」しやすい傾向にあります。過放電を防ぐには、半分程度充電した状態で涼しくて湿度の低い所に保管し、半年に一度くらいは忘れずにやはり半分程度まで充電するようにしましょう。

また、一般的に充電池は、フル充電した際の駆動時間が従来の半分になると寿命とされます。寿命までの充放電の回数は、300回から500回程度が目安です。ソニーなど、この充放電回数が分かるユーティリティを用意しているメーカーもあります。