ようこそ!格安ノートパソコンのバッテリーのオンラインショッピング、高容量のノートパソコンのバッテリー、ACアダプター!
ホーム > Dell バッテリー> DELL XPS L322X ノートパソコン 用 バッテリー


あなたは、バッテリーの上に検索ボックスを使用することができ、あなたは、バッテリまたはアダプタを見つける必要があります。すべての電池DELL XPS L322Xとアダプタは、厳格な品質保証に合格しています。買うために安心してください、ありがとうございました!

300

DELL XPS L322X ノートパソコン 用 バッテリー

  • 容量::
  • 重 量 :184 g
  • 電 圧 :7.4 v
  • カラー:Gray
  • サイズ:208.00 x 48.50 x 20.00 mm

Dell対応電源 製ノート用ACアダプター

  • 重 量 :460 g
  • 電 圧 :19 v
  • カラー:Black
  • サイズ:150 x 57 x 34 mm
  • 価 格 : 3,569円
それを高価なアイテムとコーディネートし、そのギャップを楽しむです。
対応ラップトップモデル:

DELL XPS 13, DELL XPS 13-L321X, DELL XPS 13-L322X, DELL XPS L321X, DELL XPS L322X

充電池互換電池 コード:

Dell Y9N00

安心の2年間保障付。2年間以内充電、放電できない場合、無料互換可能

DELL XPS L322X パソコン用バッテリーに関する注意事項 

バッテリーを、指定する取扱い方法およびご利用環境以外の方法にて使用した場合には、発熱、発火、破裂する等の可能性があり、人身事故につながりかねない場合がありますので、充分ご注意をお願いします。 

1. バッテリーは指定の方法以外で充電しないでください。

マニュアルに記載されている指定の方法にて充電してください。指定以外の方法で充電されますと、発熱、発火、破裂、液もれすることがあります。 

2. バッテリーを分解、改造しないでください。

分解、改造すると、破裂したり、液もれすることがあります。弊社指定以外のDELL L322Xバッテリーや、分解、改造したバッテーリは、保証の対象外となります。 

3. バッテリーを火中に投下する、火気に近づける、加熱する、あるいは高温状態で放置することはしないでください。

火中に投下したり、火気に近づけたり、加熱(電子レンジ等を含む)したり、あるいは高温状態で放置したりすると、発熱、発火、破裂することがあります。 

4. DELL L322X 対応PC電源を落下させる、ぶつける、先の尖ったもので力を加える、強い圧力を加えるといった衝撃を与えないでください。

本体に装着した状態や単体での落下等の衝撃によるバッテリ内の電池や回路基板の損傷によって、発熱、発火、破裂することがあります。バッテリーに衝撃を与えた場合や、外観に明らかな変形や破損が見られる場合には、使用をやめてください。


パソコンDELL L322X バッテリーを使用しない時は、コンセントから電源ケーブルも抜く 

パソコンを長時間使用しない時は、電源を切ります(休止状態またはスリープ/スタンバイ状態にすることも含む)。その場合でも、微弱ですが、いわゆる、待ち受け電流が流れています。

これを防ぐために、電源を切ったときは、コンセントからも AC 電源ケーブルを抜くようにしましょう。

パソコンをつないでいない AC アダプタ単体でも電力を消費します。パソコンがつながっていない場合でも AC アダプタもコンセントから抜くようにこころがけましょう。

DELL バッテリー充電が100%になったら、AC 電源ケーブルを抜き、バッテリー電源を使用する

ノート型パソコンの場合、バッテリー電源と AC 電源を交互に使用しましょう。


リチウムイオンバッテリーの寿命を延ばす方法

1.満充電(100%)した後に、充電器をつなぎっぱなしにしない

2.満充電(100%)に近い状態で、気温の高い場所(45℃以上が目安)に放置しない

3.バッテリーをギリギリまで使用しない

4.使い切った後に長時間放置しない

5.20%以下や80%以上で長時間放置しない

0%近くまで使い切ってから充電したり、0%近くで長時間放置すると、バッテリーが内部放電(深放電)し、

ダメージが加わります。(100%に近い状態でもバッテリーにダメージが加わります。)

充電が終わっても、100%を維持するためにトリクル充電が継続されます。

この状態が続くと、バッテリーにダメージが加わります。

バッテリーの寿命を延ばすには、バッテリーの状態をできるだけ20%~80%の範囲で使用します。

(できれば50%程度で使用)バッテリーの容量が20%程度まで下がったら充電して50%~80%程度にして使用すると、バッテリーの寿命を延ばすことができます。