ようこそ!格安ノートパソコンのバッテリーのオンラインショッピング、高容量のノートパソコンのバッテリー、ACアダプター!
ホーム > Dell バッテリー> ノートパソコンDELL Vostro V13バッテリー


ノートPCDELL Vostro V13バッテリー、ACアダプターなど多種類な製品がございます。高品質、2年間保証、対応迅速! 弊社は豊富に製品をストックしています。ご安心購入してください。 すべてを見コンパック バッテリー 。

300

ノートパソコンDELL Vostro V13バッテリー

  • 容量::
  • 重 量 :189 g
  • 電 圧 :11.1 v
  • カラー:Black
  • サイズ:273.20 x 60.50 x 20.41 mm

Dell対応電源 製ノート用ACアダプター

  • 重 量 :460 g
  • 電 圧 :19 v
  • カラー:Black
  • サイズ:150 x 57 x 34 mm
  • 価 格 : 3,569円
それを高価なアイテムとコーディネートし、そのギャップを楽しむです。
対応ラップトップモデル:

DELL Vostro V13, DELL Vostro V130

充電池互換電池 コード:

Dell T1G6P

安心の2年間保障付。2年間以内充電、放電できない場合、無料互換可能

当社のノートパソコンDELL Vostro V13バッテリーを保護する方法を見てください!

1.バッテリーは満タンまで充電しない

バッテリーを満タンまで充電した状態で放置するとバッテリーの劣化を早めてしまいます。 そのため、最近のノートパソコンでは充電量が80%までで制限されているものもあります。 

2.バッテリーが空の状態のままで放置しない

満タン状態ではなく、DELL V13バッテリーは空の状態のまま放置されても劣化してしまいます。 このような状態を「過充電・過放電」と呼び、バッテリー劣化の最大の原因になっているので注意しましょう。 

3.家で使う時はACアダプタを使い、バッテリーは外しておく

あまりノートパソコンを外に持ち歩かず、家で使うのがメインという人はなるべくバッテリーを外しておきましょう。(保管時の注意は下記参照) バッテリーを挿入したままACアダプタからの電源供給を行っていると、常にバッテリーが満タン状態になるため劣化する危険が高まります。 

4.できる限り高温を避ける 

ノートパソコンのバッテリーは温度によって劣化速度が大きく変わります。 (高温ほど早く劣化する) ノートパソコンはただでさえ冷却機能が弱いので、ACアダプタで常に充電を行いつつ、しかも長時間パソコンを起動しているとものすごい早さでバッテリーが劣化していきます。 

5.バッテリーの持ちが悪くなったら「リフレッシュ(初期化)」を行ってみる

これは主に「ニッケル水素電池」や「ニッカド電池」などを使っている少し古い世代のノートパソコンで有効な対策です。 上記の電池(バッテリー)を使っている場合、「メモリ効果」によってバッテリーの持ちが悪くなっている可能性があるので、「リフレッシュ(初期化)」を行うことで持ち時間が回復することがあります。 

ここまでは主に「DELL バッテリー自体を劣化させないための方法」についてのまとめです。 続いては「バッテリーの消費を抑えるための使用方法」についてのポイントを解説します。 

6.パソコン画面(ディスプレイ)の明るさを抑える 

画面を明るくしようとするとそれだけ消費電力が上がってしまうので、なるべく画面は暗めに抑えましょう。 

7.不要な常駐プログラムは終了させておく 

常時起動系のプログラムは、あまり使わない場合は終了させておきましょう。(例えばSkypeなど) ウィルス対策ソフトなどのどうしても必要なものだけにすればバッテリーの消費が抑えられます。 

8.外付けのデバイスは極力減らす 

USB接続などによって接続している外付けのデバイスはできる限り少なくした方がDELL V13バッテリー持ちはよくなります。 

9.CDやDVDは入れっぱなしにしない

CDやDVDを入れっぱなしにしておくとかなりの電力を浪費することになるので、使わないCDは必ず抜いておきましょう。 

10.なるべく複数の作業を同時に行うことは避ける 

一度に複数の作業を行おうとすると、それだけCPUに負荷がかかってしまいます。 するとノートパソコンの熱が上がり、また電力の消費も激しくなるので注意しましょう 。 


リチウムイオンバッテリーの寿命を延ばす方法

1.満充電(100%)した後に、充電器をつなぎっぱなしにしない

2.満充電(100%)に近い状態で、気温の高い場所(45℃以上が目安)に放置しない

3.バッテリーをギリギリまで使用しない

4.使い切った後に長時間放置しない

5.20%以下や80%以上で長時間放置しない

0%近くまで使い切ってから充電したり、0%近くで長時間放置すると、バッテリーが内部放電(深放電)し、

ダメージが加わります。(100%に近い状態でもバッテリーにダメージが加わります。)

充電が終わっても、100%を維持するためにトリクル充電が継続されます。

この状態が続くと、バッテリーにダメージが加わります。

バッテリーの寿命を延ばすには、バッテリーの状態をできるだけ20%~80%の範囲で使用します。

(できれば50%程度で使用)バッテリーの容量が20%程度まで下がったら充電して50%~80%程度にして使用すると、バッテリーの寿命を延ばすことができます。