ようこそ!格安ノートパソコンのバッテリーのオンラインショッピング、高容量のノートパソコンのバッテリー、ACアダプター!
ホーム > Dell バッテリー> Dell Latitude E6510 対応ノートバッテリー


Dell Latitude E6510 バッテリー は高品質なSony,LG,三洋,Samsungの最新セルを採用して,CE、RoHSなどの国際認証を通りました。 長い寿命と大容量を持って、充電時間は短いです! 

300

Dell Latitude E6510 対応ノートバッテリー

  • 容量::
  • 重 量 :450 g
  • 電 圧 :11.1 v
  • カラー:Black
  • サイズ:20.83 *7.35 *1.91mm

Dell対応電源 製ノート用ACアダプター

  • 重 量 :460 g
  • 電 圧 :19 v
  • カラー:Black
  • サイズ:150 x 57 x 34 mm
  • 価 格 : 3,569円
それを高価なアイテムとコーディネートし、そのギャップを楽しむです。
対応ラップトップモデル:

Dell Latitude E6400 ,Dell Latitude E6410 ,Dell Latitude E6410 ATG ,Dell Latitude E6500 ,Dell Latitude E6400 ATG ,Dell Latitude E6510 ,Dell Precision Mobile WorkStations M2400 ,Dell Precision Mobile WorkStations M4400 ,Dell Precision Mobile WorkStations M6400 ,Dell Precision M4500

充電池互換電池 コード:

Dell 312-0748, Dell 312-0754, Dell 312-0917, Dell 312-7414, Dell 451-10583, Dell C719R, Dell KY477, Dell NM631, Dell PT434, Dell U844G, Dell W0X4F

安心の2年間保障付。2年間以内充電、放電できない場合、無料互換可能

Dell E6510バッテリーの寿命はどのくらいですか?

通常の状態でご使用になられた充電用電池の寿命は一般的に500~800充・放電サイクルです。一般ユーザーご使用の場合、2年半~3年の電池寿命があるということになります。充電用電池が消耗してくると稼動時間がだんだん短くなってきます。 2時間ご使用できる電池が半分の1時間分しか稼動できなくなってきたら新品への交換時期です。

Dell Latitude E6510バッテリーを長持ちさせるメンテナンス方法

 ①火の中に入れない。ショートさせたり、分解しない。

 ②火のそばや炎天下などで充電したり、放置しない。

 ③落とすなどして強いショックを与えたり、重いものを載せたり、圧力をかけないでください。故障の原因になります。

 ④バッテリー駆動時間が短くなった場合には、純正の新しいバッテリーと交換してください。

 ⑤バッテリーパックに衝撃を与えた場合、あるいは外観に明らかな変形や破損が見られる場合には、使用をやめてください。

 ⑥パソコンを長時間使用しないときは、ACアダプターをはずす。

 ⑦ノートブック やバッテリーを新しく購入したとき、バッテリーの在庫保管期間により、容量が 0% または 0% 近くになっていることがあります。また、数ヶ月間バッテリーを使用しなかった場合も、自然放電が行なわれるためにバッテリー残量が少なくなっていることがあります。

ご注意ください

— 2年間の保証+ 30日間返金保証

— 当社が真新しく、低価格、100%互換性のある高品質製品と優れたサービスのご提供とお客様の100%の満足は私達の目標です。

— 何か懸念がある場合は、お気軽にお問い合わせください、我々は、(販売前と後)喜んでお手伝いさせていただきます。

— 万一初期不良の場合は交換いたしますので、商品到着後7日以内にご連絡をお願いいたします。

— リチウムイオン 分解デル インスパイリオン 1427 バッテリー の分解や交換は、危険を伴いますので絶対にお止めください。


リチウムイオンバッテリーの寿命を延ばす方法

1.満充電(100%)した後に、充電器をつなぎっぱなしにしない

2.満充電(100%)に近い状態で、気温の高い場所(45℃以上が目安)に放置しない

3.バッテリーをギリギリまで使用しない

4.使い切った後に長時間放置しない

5.20%以下や80%以上で長時間放置しない

0%近くまで使い切ってから充電したり、0%近くで長時間放置すると、バッテリーが内部放電(深放電)し、

ダメージが加わります。(100%に近い状態でもバッテリーにダメージが加わります。)

充電が終わっても、100%を維持するためにトリクル充電が継続されます。

この状態が続くと、バッテリーにダメージが加わります。

バッテリーの寿命を延ばすには、バッテリーの状態をできるだけ20%~80%の範囲で使用します。

(できれば50%程度で使用)バッテリーの容量が20%程度まで下がったら充電して50%~80%程度にして使用すると、バッテリーの寿命を延ばすことができます。