ようこそ!格安ノートパソコンのバッテリーのオンラインショッピング、高容量のノートパソコンのバッテリー、ACアダプター!
ホーム > Lenovo 対応バッテリー> 24Wh / 3Cell Lenovo ThinkPad T440S互換 バッテリー 

☆ 返金は30日間に保障されております !

☆ 保証 :真新しい! 至急発送!

☆ 低価格、高品質、ご安心購入してください!

☆ 2年間保証、対応迅速! 弊社は豊富に製品をストックしています!


300

24Wh / 3Cell Lenovo ThinkPad T440S互換 バッテリー 

  • 容量::
  • 重 量 :191 g
  • 電 圧 :11.1 v
  • カラー:Black
  • サイズ:

新品Lenovo 対応電源ACアダプター

  • 重 量 :260 g
  • 電 圧 :20 v
  • カラー:Black
  • サイズ:29×43×104mm
  • 価 格 : 3,590円
対応ラップトップモデル:

Lenovo ThinkPad T440s, Lenovo ThinkPad T440s Ultrabook

充電池互換電池 コード:

Lenovo 121500146, Lenovo 121500147, Lenovo 121500148, Lenovo 3ICP7/38/65, Lenovo 45N1124, Lenovo 45N1125, Lenovo 45N1126, Lenovo 45N1127

安心の2年間保障付。2年間以内充電、放電できない場合、無料互換可能

Lenovo ThinkPad T440Sバッテリー メンテナンスとユーザー案内

新しいLenovo T440S対応ラップトップ充電池は、通常非常に低い容量の放電状態です。使用する前に新しい電池パックを完全充電することが非常に勧められます。お客様はご電子装置のユーザーのガイドから充電池指示がわかります!


新しい電池パックは、その最適性能に達するために3~5回繰り返す(完全に放電して充電する)必要があります。


長期間使っていないままにするとき、充電式電池は自分で放電することがあります。ですから、電池を満電する涼しくて、乾いて、きれいな場所に保管してください。


充電池パックの最適の性能を維持するために、少なくとも月に一度繰り返す(完全に放電して再充電する)ことをしたほうがいいです。


充電するあるいは使われるとき新しい充電池が暖かくなるならば、それは普通です。しかし、充電池パックが極端に熱くなるならば、特別に注意を払ってください。これは、電子装置の充電サーキットに関する問題があることを示すかもしれません。必要に応じて資格のある技術者に意見を聞いてください。


新しいバッテリーは、充電するのが難しいです。時々、新しい電池パックが初めて充電するとき、ただ10~15分後完全に満たされた状態を示すことがあります。この時、電池パックを抜いて、およそ10~15分間クールダウンさしてからまた充電してください。時々、新しい電池は、充電されることを突然拒否することもありますが、この場合、提案された解決方法は、装置から充電池を抜いて、再び挿入するということです。


Lenovo ThinkPad T440S対応ラップトップ充電池を使う時の注意事項:

Lenovo ラップトップ充電池を修正や分解しないでください。


電池を過度の熱露出や焼却しないでください。爆発する危険性がありますから。


湿気は禁物です


突き刺し, ヒット, 押しつぶし、また不正使用など避けてください。


長い間使わない場合、電池を装置から取り外すのを忘れないでください。


ターミナルの短絡を避けるように、充電池パックを金属物(例えばネックレスまたはヘアピン)とは分けて保管しましょう。


Lenovo T440Sバッテリー説明にある6セル、9セルって何ですか?

リチウムイオン バッテリーは複数の内蔵セルを組み合わせて構成されています。記述に6セルとあれば6個のセル、9セルとあれば9個のセルがバッテリーパックに内蔵されています。


機種によって差がありますので一概には言えませんが、4セルタイプが軽量タイプ、6セルタイプが標準タイプ、9セルタイプが大容量タイプというパターンが最も多く見られます。一方、3セル/6セル/9セルのパターンや4セル/8セル/12セルのパターンも存在しています。軽量タイプまたは大容量タイプが供給されていない機種もあります。


バッテリーの駆動時間は1個あたりのセル容量とセル数に比例し、セルの内蔵数が多ければ多いほど長時間駆動が可能になります。一方、セルが増えると、重量およびサイズも大きくなります。


大容量タイプの多くは、ノートに装着した際に奥行きの一部が筐体から飛び出す形式になっています。